最後の直6スカイラインであるR34型スカイライン。
そのNAモデルでのチューニング、装着パーツの紹介やインプレ、数少ない発売パーツ情報、イベント情報などのガレージライフ情報の紹介

MAIL gam@oka.urban.ne.jp


HIRO Garage BBSイベント レポートHobby Car GarageMy ProfileLINKSHome(top page)
R34 スカイラインの改造記録NAモデル PARTS LIST


 DIY、チャレンジ
自分でパーツ取り付けをした物の紹介です。
参考になるかわかりませんが、まあ載せて見ました。

R34 GT−R前期モデルのシフトゲートです。

一式、全部購入すると結構高額なので順番に購入していきました。

このパーツが1番高額でした。

後期モデルのものとどちらにしようか悩みましたが後期のものは、ちょっと色が暗めで良く言えばシックな感じです。

ワタクシとしては、インテリアに花がほしかったので明るい前期を購入しました。

では、さくさくっと交換してみましょう!

交換前の状態です。

オーディオパネルと灰皿はすでにGT−Rのものに交換されています。

それにしても、このザラザラした塗装はいただけません。

一昔前に安物のホームオーディオでよくあったような感じです。

交換作業です。

まず、シフトノブをはずします。

つぎに灰皿をはずします。

するとおくにネジが1つ出現します。

で、このネジをちょいちょいっとはずします。

外すとき、落としてしまわないよう注意です。

ワタクシは、落としてしまいました。

もちろん、あとで無事救出いたしました。

ネジをはずしましたらシフトゲートの後ろのほうを
持って引っ張りあげますとガコッとはずれます。


はずれましたら、シガーライターの配線がありますので2つともはずしておきます。

ならべるとわかりますがGT−Rとではシフトブーツの長さが違います。

あとシガーライターもついていません。

そこで移植作業が必要となります。

たぶん、この作業が1番面倒でしょう。

まず、このパーツだけを外します。

内側の左右にひっかかりがあるので、それを押し込んで手前にひっぱると出てきます。

口で言うのはカンタンですが、かなりパワーの入る作業になります。

やっていると、ほんと〜にこれは外れるのかって思うくらい大変です。

はずした後はこんなんです。

先程のパーツをはずすと、今度はまわりのプラパーツがはずすことが出来ますので取り外します。

たいへんでした(笑)

先程、外したパーツをGT−Rのシフトゲートのほうに付いていた状態と同じようにとりつけます。

外すときの苦労とは裏腹に装着はカンタンです。

次にシフトブーツを移植しますがそのためには、この
ストッパーのリングをはずします。

しかし、32のものと比べると明らかに手がかかっていませんね。

外れました(汗)

ワタクシの場合はラヂオペンチでぐいぐいとはずしました。

ストッパーのリングで変形したものがあったら平たく治しておきます。

2つ分作業しなければいけないので、ちょっと根気が必要ですが頑張りましょう!

あとは、ここまでの手順を戻っていけば元通りですね。

どうでしょう?

かっこよくなりましたね!

なりましたね、なったよ〜(爆)


back  Home(top page) 

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー