最後の直6スカイラインであるR34型スカイライン。
そのNAモデルでのチューニング、装着パーツの紹介やインプレ、数少ない発売パーツ情報、イベント情報などのガレージライフ情報の紹介


HIRO Garage BBSイベント レポートHobby Car GarageMy ProfileLINKSHome(top page)
R34 スカイラインの改造記録NAモデル PARTS LIST


 2004年 TIサーキット ニスモフェスティバル

 イベント レポート 後編
さて、パドックに潜入する前にちょっと腹ごしらえです。(笑)

今年はちょっと屋台村っぽくなっていまして、こういったところなので値段は相変わらず高いですが
味はなかなかおいしくて満足できました。

腹ごしらえもすんだところで、いよいよパドック潜入です。
まずはR30スカイラインとシルビアがお出迎えです。

このへんは、去年もいましたが走行はしませんね〜。


走っているところもみてみたいです。


さて、こちらの黄色いマシンはR382というマシンです。

それ以上のことはしりません・・・。





こちらは、みごとチャンピオンをゲットしたZです。

このマシン、かなりカッコイイですよ。マジで。

やっぱりスポーツカーはすばらしいですね。



そして、最後のレーシングGT−R・・。



もはや、現役から退いてしまいその勇姿を観る機会はほとんどなくなってしまい寂しいかぎりです。




カルソニック号。こちらもいまはZが現役で走っています。

GT−Rがサーキットに帰ってくる日までZにはがんばってもらいたいです。

でも、どうせならGT−RとZの両方が活躍してほしいですね。


RB26で活躍したマシンたちです。


ペンズオイルカラーは33と34、両方の展示です。

去年は、33のほうはありませんでしたね。たしか。



しかし、こうして並んでいると風情があって良いものです。

走っていなくても、絵になりますね。


さて、こちらはR390 GT−1です。

去年に引き続きです。

こちらも、なかなかカッコイイです。

さて、次にこの白いマシン。

NP35というマシンらしいんですが。

もう結構むかしのマシンのはずですが、模擬レースで走るとこれがめっちゃ速い。

この日、走ったマシンで1番速いん出ないのっていう勢いです。




あと、こちらにもCカーがありました。

年代的にはグループAと同じくらいですがワタクシぜんぜん知りません・・・・。


う〜ん、やっぱりハコのレースしか興味ないんですよね自分は(-_☆)キラリ


さて、ワタクシごひいきのグループA BNR32軍団ですね〜。

やっぱり、グループAは特別な思い入れがありますね。

GT−Rが好きになったのも、このレースがキッカケでしたので。


さて、今年はここにR31のマシンも展示されていました。

BNR32、登場までグループAで頑張っていたマシンです。



さてと、こちらはZのGTマシンとS耐のマシンの数々です。


S耐のマシンはより、市販状態に近いレースカーです。

C−WESTのなんか、レプリカマシンを作れるんじゃないですかね。

ここのエアロ、市販のものがレースでも使われるとあってレーシーなデザインでございます。





こうしてみると、Zのレーシング部門への進出もずごいものがあります。


でも、カッコイイですよ。(そればっか・・・)

市販車も、そんなに高額ではないのでもっと売れて欲しいですね。

でも所帯持ちにはきびしいのですが・・・。




こちらはハコスカ軍団です。

このへんは自分の父親ぐらいが現役のころのクルマですが、たまに若い人が乗っているのを見かけます。


現役の走りを知らないのに、どういった経緯でほれこんでいるのでしょうか?


まわりに洗脳してくれる人がいるのでしょうか。



1台はハコスカですが、あとの2台はS30のZです。


とくに黒い方のZ、カッコイイです・・・。

自分・・・けっこう派手好きなのかな〜。






こちらの赤いのは去年も走りました。

しかし、ニスモフェスティバルは毎年いろいろ趣向をこらしているよです。

ただ、チューナーバトルはちょっと寂しくなっているかも。

いろいろとレギュレーションがきびしいせいでしょうか。


しかし内容から考えるとチケットなどの価格は安いです。

まさにファンサービスイベントですね。


こちらはサニー軍団です。

このへん、まったくわかりません。


ところで来年ですが、どこでやることになるんでしょうか?

今年は、去年以上の来場者数だったよです。

できれば来年もTIでやってくれると、ワタクシはたいへん嬉しいですが日産ファンは日本全国にいますので困っちゃいますね。


なつかしいクルマです。

HKSのコンプリートカーですね。

まだ現存していたのですね。



そして、とっても綺麗なハコスカです。

あと、Gマガのクルマがありました。

おっと、インパルZです。ここのエアロはすっきりしていて良いですね。


ニスモのシルビアです。

去年もあったのですが、ことしもD1がやってきました。

っていうか、1番盛り上がったイベントかもしれません。

いわゆるドリフトですが、実際サーキットでみるとすごいですよ。

メインストレートをずっと、横をむいて走っていますかね。

でも見た目には走っているというより飛んでくるって表現のほうがわかりやすいかも。

ドリフトのときはパドックにいたため、急いでメインスタンドにもどりましたが、
人垣がすごく結局走っている写真は撮れませんでした。

来年もあれば、しっかし撮りたいところです。

模擬レースは、年代の古いグループと新しいグループが2回ずつ走行しました。

しかし今年は去年より周回数が少なかったような。


ワタクシのなじみとしては、新しいグループの走行がお楽しみでした。


こういったシーンは、やっぱり動画で保存したいところです。


シャッターチャンスをねらってうろついていたら、デジカメのバッテリーがなくなってしまいました。

後半になって、すっかり写真が少なくなってしまいました。

来年は、もっと準備を整えてこなくては・・・。

だから来年も来てくださ〜い!


おまけです。

パドック内をうろついていたらバシバシと写真を撮られていました。

そこでワタクシも失敬してパチリ!

寒い格好でご苦労様です。


さて、そんなこんなで今年のニスモフェスティバルも終わってしまいました。

今日は1日、日産ファンのお祭りでした。

来年もこの感動を味わえることを祈りつつ帰路につきました。

ニスモフェスティバル前編はこちら! イベント TOP  Home(top page)

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー