私の模型コレクションの含めたギャラリーです。
主にガンダムなどのプラモデルがメインです、最近は。
あとは気に入ったカーモデルを たまに製作します。


HIRO Garage BBSイベント レポートHobby Car GarageMy ProfileLINKSHome(top page)
R34 スカイラインの改造記録NAモデル PARTS LIST


 BANDAI 1/100
 AKATSUKI GUNDAM
 OOWASHI SHIRANUI SET



1/100 アカツキガンダムです。

これまた、みごとなメッキモデルなのですが・・・いろいろと問題もありました(笑)


よく見てみると分かるのですが、メッキのイエローのほうが着色出来てないところがところどころありました。


とくにドラグーンの部分でそんなのがありましたんで困りました。


工作ですが、メッキは当然生かすのでメッキで無い部分での工作が肝となります。

ここでちょっと失敗というか、やらなきゃよかったかと思いましたが・・・。


改修部分としまして、

SEED系特有の手がデカイのでMGウイングガンダムの手を流用しました。

腰、太もも部分をMGストライクガンダムの物を流用しました。

あとはキットに準じます。


で、やらなきゃよかったと思ったのがふとももです(爆)

アカツキって、みためふとももがゴツイのでストライクのフレームは楽勝で入ると思っていたのですが・・・。


これが、めっちゃギリギリで収まりました。

かなり、薄く削り込んだりしたので大加工になりました。


おかげでメッキが、かなり剥げてしまいクリアイエローでリペアしましたがふとももだけ色見が変わってしまった・・・。


ちなみに、腰をストライクのものに交換してるんでフリーダムの台座が使用できます。

ノーマルと比べるとよく分かる部分なんですが手をMGウイングガンダムの物と交換すると、かなりバランスが変わります。

かなり小さくなってます。


今回は腰とふとももをMGストライクの物を使用しているので全長も少し伸びています。

リアスカートは、ボールジョイントで接続して丸ごと可動するようにしてポーズをとるとき邪魔にならないようにしています。





アカツキのふとももって根元部分が太いデザインのため、ノーマルでも可動の邪魔をしてましたが、加工しても邪魔ですね・・・。


メッキでなければ、薄く成型し直すところですが。


ふともものフレームもせっかく、ストライクを流用しているので外装のスライド機能も生かしました。

おかげで、さらにたいへんな作業となりました。


腰の回転部分もボールジョイントになったのでノーマルに比べてポージングの自由度は格段に上がりました。


結果的には、なんとか予定どおりの出来になったかな〜といった感じですが、次回からはメッキモデルで大改造は止めておこうと思います(笑)





back  Home(top page) 

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー