最後の直6スカイラインであるR34型スカイライン。
そのNAモデルでのチューニング、装着パーツの紹介やインプレ、数少ない発売パーツ情報、イベント情報などのガレージライフ情報の紹介


HIRO Garage BBSイベント レポートHobby Car GarageMy ProfileLINKSHome(top page)
R34 スカイラインの改造記録NAモデル PARTS LIST


 インテリア
インテリア関係のパーツ紹介です。
R34はちょっと内装が安っぽくて気になるポイントです。
まあ、定番ですがペダルを後期GT−R用に交換しました。

今回失敗したのは、フットレスです。

フットレスも、違うパーツだと思って発注したのですが・・・アルミプレートだけ交換でよかったのです。

そんな、お手軽な変更だったのか・・・。

フットレス、結構高かったのに。


クラッチとブレーキは、はめかえるだけですがアクセルが苦戦しました。

本来なら、GT−R用にするならアームごと交換が望ましいのですがケチってペダルだけで対応しました。

アーム下側にちょっと細工が必要です。
アペックス製の機械式バキューム計です。

中古で買いました。
メーターホルダーとバキュームホースを新品で買ったためよくよく考えると、あまりお買い得になっていませんでしたね〜。


とりあえずメーターが付くと、ちょっとカッコよくなりましたかね?

メーターの働き自体は、あまり気にしてません・・・。

ナビ、付けました。

でも型がかなり古いです。
モニターは10年もののエプソン製です。

昔、自分が使っていたのを親父にあげたのですが新しいナビを買ったので出戻りしてきました。

いまのご時世では、画面が小さいですが新しく買うのも勿体無いので再利用ですな。

ナビ本体はHDナビのご時世にCD−ROMです(笑)
ナビ本体も以前使ってたのがあるのですがCD−ROMタイプのなかでも古いモデルなんで、かなり地図がおおざっぱです。

さすがに本体はちょっとグレードアップです。
といっても数千円で購入したんですが。
またもや、オークションで激安ゲットです。

チェンジャータイプなんで本体でかいです。

でも良いんです。自分の現在位置が分かれば。

その内、お金ができたらAV一体型でもほしいですね。
でもナビの取り付けは何回やってもメンドクサイですな〜。


レカロ シート A−8 Ver.2
シルバーシェルモデルです。

ワタクシとしては以前乗っていたR32 GT−Rの純正シートが体格としてはピッタリでした。
その時はGTS−4で使用していたレカロのSR−3があったのでGT−Rにも付けてみましたがおしりから背中にかけてのフィット感がRのシートのほうがワタシには合っており、また座面の高さも高くなってしまうためR純正シートを使用していました。

そのあと、ロードスターに乗り換えたのですがこれが純正シートのサポートがいまいちでした。
このとき、知人のA−8をレンタルして装着してみるとサポートは最高にいい感じになりました。
ちなみにこのとき、座面もFRPシェルのver.1も使用したのですがワタクシ結構おしりが大きい(全部でかいともいう・・・)ためお肉の逃げ場がなく、これはフルバケもあかんという結論になりました。

しかし、ロードスターの場合売るときにノーマルにもどして気がついたのですがサポートのいいシートに交換しているとロードスター特有の開放感が感じにくくなるように思いました。
あと、このシートだと自分にちょうどいいところまでリクライニングできないという問題もありました。
後ろがあたってしまって。
途中、Vスペシャルにも乗る機会がありましたが革シートのほうが座ったときのしっかり感がよかったです。
このときにワタクシのロードスターのベストバイはVスペシャルのライトチューンだったと気付きました。

はなしが、それましたがR34ではGT−Rのシートを使用したかったのですが2WDのR34は流用できないことが判明しました。
そこでロードスターのとき購入していた、このシートを装着いたしました。
SR−3を使用している方が多いようですので、差別化もされビジュアル的にもはまっていると思います。

あとこんなシートですがワタクシは純正シートより疲労がすくなく満足しています。

R34 GT−R 前期モデル用のオーディオパネル、灰皿、シフトゲージの3点トリオです。
灰皿だけはオークションで安く手に入れましたが、あとはディーラーにて新品を購入いたしました。
オークションでも新品、中古品がでていますが送料を考えると地元のディーラーで購入しても大差ない感じがいたします。

ワタクシがGT−Rから買い換えるときには一応R34は候補として検討したのですがインテリアのチープな雰囲気がいけませんでした。
これでかなり買う気がなくなってしまいました。
R32からかなりランクダウンなイメージをもってしまいました。
使っている革もなんだかいまいちな気がします。

ロードスターのほうがスポーティーな統一感があり質感も上だと思いました。
とにかく、あのザラザラとしたヘンテコな塗装はゆるせませんでした。

このドリンクホルダーはロードスター乗りの間では、おなじみの物です。
ロードスターのときはドリンクホルダーでかなりなやみましたが結局これになりました。
最後まで、これにしなかったのはわけがありまして。
じつはひとつで2500円というねだん設定です。

カーショップでならんでるものと比べると間違いなく高いです。
でも高いだけはあって作りはしっかりしています。
純正のホルダーは、ロードスターのときもそうですがシフト操作にジャマな位置にあります。

たしか、走行中は使用しないでくださいみたいな話を聞いたことがありますが使うのはやっぱりクルマを運転しているときだろ〜って思います。
写真では非常にわかりにくいのですが、ヴェイルサイドのシフトノブなのです。

ずいぶん前に買ったものなのですがR34で再使用になりました。
アルミ製ですが思ったほどあつくならないので安心いたしました。
これの前にはmomoのシフトノブを使いましたが、ちょっと重さが軽くていまいちフィーリングでした。

これは重さはちょうどいい感じです。
ただ、古いものなので傷がたくさんあってちょっとキタナイです。

しかし、現在は純正ノーマルを装着してます。
後期ターボ用シフトレバーとのマッチングはノーマルのほうが良いんですよね。やっぱり。
NISMOのエンジンキーです。
クルマを購入したときはキーレスエントリー対応のエンジンキーだったのですが、これがカッコ悪い。

そこで、変更したかったのですがR34 GT−R用が使えるのがわかっていましたがGT−RでもないのにGT−R用をつかうのもなんだか気が引けます。

あとR34 GT−RのはR32、R33のものと違いプラスチックでカバーがついてやっぱり安っぽい作りが気に入りませんでした。

そこへ、NISMOさんからロゴ違いのR32,R33タイプのエンジンキーが発売されたので購入いたしました。



運転席、助手席のドアノブ?まわりにレザーを貼りこんでみました。

さんざんお話しておりますが、R34で気になるところがインテリアの質感の低さです。
高級にしろと言っているわけではないのですがノーマルのままですと値段以上に安っぽい作りでワタクシはガマンができませんでした。特に前期モデル!

で、座っていて気がついたのですがドアノブまわりのプラスチックパーツがみょーなテカリを発していてとても気になりました。

ちょうどレザーシートがあまっていたので貼りこんでみました。
レザーシート自体に粘着剤がついているのですが力がよわいためホットボンド等を駆使して貼りつけました。

助手席側は形状からして難易度が高いので貼りつけはやめようかと思いましたが運転席側だけというのもさみしいのでチャレンジいたしました。

日にちが経つとはがれそうですが、まあそのときはそのときということでよいでしょう。

なにはともあれ、適度に落ち着きがでて満足な仕上がりになりました。



パワーウインドウまわりのパネルを自家塗装いたしました。

ここもセンター部分とおなじく安っぽいヘンテコな塗装がされていて気になっていました。
助手席側にいたっては形状的にもこれはないだろうって感じでした。

ほんとーにR32のときはこんなにインテリアがきになったことはなかったのですがどうしたのでしょうか?

最初はドアノブとおなじようにレザーシートを貼ってみたりしましたが、そうすると装着に支障がでてきたりマッチングもいまいちでした。

そこで手持ちのプラカラーのメタルブラックで塗装しちゃいました。
あとから、クリアーを吹いています。

ちなみに、あのヘンテコ塗装ですがはがして塗装しています。
薬品はたしかエタノール(ラベルがはがれていました)だったと思いますが、それをティッシュにつけてゴシゴシするときれいに落ちました。
シルバーあたりでも塗装してみましたが、やはり少し落ち着いた色のほうがワタクシは好きですのでこんな感じになりました。

GT-R用のアルミ調メータープレートの流用です。

アイテム的には、たいそうなものではありませんがイメージチェンジには効果ありですね。

やはりメーターまわりの雰囲気は重要です。

ノーマルでは無地のプラスチックで味気ないですので当然の違いですね。

交換時のDIY作業はこちらをクリック!

インナーハンドルを交換しました。

ノーマルでは、やはり無地のプラスチックでこれまた安っぽくてダメでした。

そこでS15用のインナーハンドルが使えるのは知っていましたのでガンメタ塗装の物を流用を考えていました。

ただ、ロードスターのときも交換していましたがここがメッキだと大人のスポーツって感じでいいよな〜と勝手に思っていました。

そこでメッキのがあればな〜と思っていたのですが、それがあったのです!

S15用の内装が本皮仕様だとここはメッキタイプだったのです。
まあ、S15で内装を本皮仕様にする人もあまりいないと思うのであまり知られていないことのようです。
オークションで、その存在を知りディーラーでいろいろ調べてもらい購入いたしました。




フロアカーペットをR33用のスポーティタイプにしてみました。

新品買ってまですることではないと思うので、もちろん中古です。

シルバーのアクセントが入って、ちょっとは華やかになったかな?

しかし流用にあたってはR33のほうがリアのニースペースが広いのでマットも長い。

結果的にはリアのセンタートンネル部分が使えなかった以外は問題無しです。


まあ、しかし気分で変えてみたのですが・・・いずれはカロとかニスモあたりに交換したいですね。やっぱり。


back  Home(top page) 

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー