私の模型コレクションの含めたギャラリーです。
主にガンダムなどのプラモデルがメインです、最近は。
あとは気に入ったカーモデルを たまに製作します。


HIRO Garage BBSイベント レポートHobby Car GarageMy ProfileLINKSHome(top page)
R34 スカイラインの改造記録NAモデル PARTS LIST


 BANDAI Real Robot Revolution
 L−GAIM Mark−U
エルガイム Mark−Uです。


こちら、バンダイの新シリーズになるわけですが、今頃になってエルガイムの新作を手にとることが出来るとは思ってもみませんでした。



今回、塗装はほとんどフィニッシャーズのカラーを使用しています。

F=フィニッシャーズ
C=クレオス

本体部
Fファンデーションホワイト+Fスーパーファインコバルト+Cブラック+C蛍光ピンク

紺の部分
Fスーパーディープブルー

レッド部
Fブライトレッド+Fレモンイエロー+Fファンデーションホワイト+C蛍光レッド

フレーム部
Cダークイエロー+Cウッドブラウン

武器部
Cニュートラルグレー+Cホワイト+Cミディアムブルー+Cパープル

墨入れ
タミヤ エナメルカラーブラウン使用

最後にガイア フラットクリアー
そのエルガイム、製作していて思ったことがあります。

最近のMGもそうなのですが、エルガイムはとくにポリキャップの使用間接が少ない。

ポリキャップレスのABSパーツの間接が多いです。

これ、適度にテンションがあって良いといえば良いのですが塗装派にとっては難問です。


塗装がちょっとでも載ってしまうと、動きの妨げになります。

そういったところを避けて塗装するのも結構面倒です。

場所によっては避け様が無いところもあります。


そんなわけで、成型色をいかした仕上げが案外良いかもしれません。

そういえば、バインダーってソーラーパネルだったんですね・・・知りませんでした(汗)

バインダー内部はスーパーファインコバルトで塗装しています。

カバーがクリアパーツなので、ソーラーパネルが透けて面白い感じに仕上がってます。

このバスターランチャー、Mark−Uを象徴する武器なのですが・・・これが作るのたいへんでした。

可動ギミック内蔵なのですが、全部のパーツが挟み込み製作なのです。



後ハメするにも、限られるため塗装してパーツを接着して合わせ目をけして、また塗装という面倒なことになります。


ギミック的には最新技術が採用されていますが部品の分割や組み立て工程に古いというかMGなどと比べて努力がたりないな〜という感じです。


とはいえ、デザイン的には良く出来てきます。

でも足首は、あんまり動かないですね・・・。

作り的には疑問もあったMark−Uですが、今新作で発売してくれたことに拍手をあげたいです。

出来れば、Mark−Tを発売してほしいですがR3はどうも勢いがイマイチです。


なんかシリーズ消えてしまいそうな感じです。

なんとか頑張ってほしいもんです。


う〜ん、パワーランチャーはちょっと迫力不足ですね。

今見ると、ほとんど筒だけの武器ですもんね。


やっぱ、バスターランチャーだ。


back  Home(top page) 

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー