クルマやホビーが趣味である管理人。
それらに関するガレージライフの紹介をしています。


HIRO Garage BBSイベント レポートHobby Car GarageMy ProfileLINKSHome(top page)
R34 スカイラインの改造記録NAモデル PARTS LISTパーツ流用、加工情報

 My Profile
ワタクシのプロフィールや、現在のクルマに至るまでの秘密?を紹介しています。
ワタクシ、1970年11月13日生まれのO型です。

岡山県在住で妻と長男1人の3人家族です。

趣味はホームページどうりですが、クルマいじりと模型制作です。

いまはクルマいじりは実家でやっていますがいつの日か、マイルームから愛車がながめられるガレージのついたマイホームをたててノンビリクルマいじりをする生活が夢です♪


ワタクシ、免許を取得してしばらくはバイクに乗ってました。クルマが必要なときは父のワンボックスなどを借りて乗っていました。
免許とりたてのころは、まだあまりクルマには興味がつよくありませんでしたね。
クルマに興味がでてきたのは、たまたま観に行ったグループAのレースです。
そこで、R32 GT−Rの走りにしびれてしまいましてすっかりトリコになってしましました。
そこで、まあよくありがちな話ですがGT−Rがホントはほしかったのですが金銭的にムリでしたので中古でGTS−4というグレードのクルマを購入いたしました。

それから職を変えて収入が良くなったのをキッカケにチューニングというかドレスアップにはまっていきました(笑)

独身で、親と同居していたせいもあり結構使っちゃいましたね。

あとで、冷静に考えると使ったお金を貯金してればGT−Rを買えてました。
気が付いたときには、ちょっと寂しいものがありました。ていうか、気付くの遅すぎ!

まあ、いろいろ楽しんだということで良しとしましょう。
なんだかんだで結婚してしばらく乗っていたので7年くらい乗りましたが愛着のあるクルマでした。


で、次のクルマはいよいよGT−Rです。
結婚して子供もできてすこし落ち着いてきたころだったのですが、ちょうど安い出物があり”GT−Rに乗らないと死んでも成仏できません”の殺し文句で買わせていただきました。

ブーストアップ仕様でしたが、ワタクシには十分なパワーと感動を与えてくれました。
ただ、やはり重いせいもあり軽快なフットワークはありませんでしたが。

たた、それでもワタクシがクルマにはまるキッカケになった名車でしたので、とても好きなクルマです。
ただ、ハイパワー4WD車を維持していく厳しい現実も教えてくれました。

ちょうど、会社の人が大きな事故をしたこともありエアバッグも付いていないのと維持費がかかりすぎて家計を圧迫している理由で買い換えることとなりました。
3年くらい乗りましたが、いまでも買い換えたのを後髪ひかれることがあります。
なんで、売っちゃったんだろうあの時のワタシ・・・。


次の愛車ですが、ロードスターです。

なぜにロードスターかって話ですが、以前からときどき乗る機会があるたび楽しいクルマだと思っていました。

そこへ最近知人がセカンドカーに古いロードスターを買ったのですよ。
そこで見に行ったとき乗ってみたのですが、いままで試乗したのはノーマルばかりでしたが、知人のはちょこっとチューニングされていました。

それがいままでになく、楽しい走りでした。
う〜ん、たぶんこの時スイッチが入りましたね。

走りは、とっても軽快です。オープン走行も気持ちいいです。夜にオープンで走るとさらに気持ちよかったですね。

しかしです。最初の感動がインパクトがあったのですが乗りこんでいくうちに何かが違う。

自分が求めているものが、このクルマにはないかも知れないと思ってしまいました。
そのせいか、どうも愛着が持てませんでした。いいクルマなんですけどね。

あと、最後までシートポジションがベストにならなかったです。

このとき乗ったのはRSというグレードでしたが降りたあとに、このクルマはVSをあまりいじらず乗るのが自分にはピッタリだったかな〜と思いました。
あ〜いつも、あとから気付くことばっかりだ・・。

ちなみに、このクルマは写真が一つもありませんでした。1年しか乗らなかったし・・。



R34 スカイライン 25GT。

DNAが、そうさせたといったところでしょうか?やはりスカイラインにもどってきてしましました。
妻にも、やっぱりこうなったよねと行動が読まれています。

結構下のグレードですが、ハイキャスなどの余計な装備がないため操縦性はナチュラルだと思います。

自然吸気の直列6気筒エンジンも気持ち良いフィーリングです。
ボディ剛性もR32よりしっかりしていますし、なにより最後の直6スカイラインです。


不景気の波が押し寄せてきました・・・。
もう少し乗っていてもよかったのですが、乗り換えることにしました。

良くも悪くも、純粋に日本のクルマだな〜といったクルマでしたね。



マツダ ロードスター VS

再びのオープンカーです(笑

懲りないやつです・・・はい。


今回のは3ナンバーとなり、以前のより少し上位車種になりましたね。

しかし耐久性や使い勝手より軽量化が最優先の作りは相変わらずです(笑

前回の反省?を踏まえて今回は豪華仕様のVSを購入しました。


Home(top page)

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー