最後の直6スカイラインであるR34型スカイライン。
そのNAモデルでのチューニング、装着パーツの紹介やインプレ、数少ない発売パーツ情報、イベント情報などのガレージライフ情報の紹介


HIRO Garage BBSイベント レポートHobby Car GarageMy ProfileLINKSHome(top page)
R34 スカイラインの改造記録NAモデル PARTS LISTパーツ流用、加工情報ロードスターの改造記録


 サスペンション
サスペンション関係のパーツ紹介です。
うまく仕上げたいです・・・。
ニーレックスのナックルサポートです。

パーツ自体は取り付けは簡単ですね。
ただ作業環境としては、リフトがないと色々と面倒な感じですね。

肝心のパーツのインプレですが・・・これは効果ありです。
見た目、簡単なパーツなんで効果あるんかな〜と思って半信半疑でした。

しかし、走り出したら直ぐに分かります。
既に装着されている方のインプレ通りで、フロントの接地感がシッカリと分かるようになりますね。
ギャップを乗り越えても、装着前だと何処かへ飛んでいきそうな感じでしたがサスペンションで上手く処理されるようになりましたね。

フロント周りのドタバタした感じが、かなり抑えられますね。
結果として乗り心地もよくなったように感じます。

これなら、雨の日もビビッて運転しなくてもよさそうです。
ちょっと高いクルマになったみたいです(爆

結果からしてNC1は、フロントのナックルは明らかに剛性不足ってことですね。
NC2では、このへんは改善されてるようですしオススメパーツです。





ノガミプロジェクト ショートスタビリンクです。

ローダウンには必修ということで、突き上げ感の改善と安定性を求めて交換しました。

安定性に関しては、姿勢が乱れるのが少なくなって効果ありました。
突き上げ感も改善しましたが、サスペンションのスムーズな動作をスポイルされた感もあり乗り心地的には微妙な感じです。

フロントは取り付けに関して、テンションが強く不安視されましたが後日チェックしたところ、ピロ部分で外れていました。


このリンクは、車高調のようなストロークが少ないサスのほうがよさそうです。

ってことで純正に戻しました(爆


なんか無駄に金使いました・・・。




ビルシュタインのCリング調整式サスキットです。

取り付けはディーラーでお願いしました。
取り付けに当たり、周辺のゴムパーツは新品にしています。

車高に関しては、2センチダウンとメーカー指定通りです。
フロントは、もう少し落ちてるように感じますが。

ダンパーのCリングは、この基準位置から上下に2本ずつ入っています。

ですので見た目だけで言えば2センチ以上、下げられるわけですがマッチングから言えば基準位置がオススメです。



乗ってみた感想ですが、一言で言えば「しなやか」

こういう表現に尽きるかと。


クルマの動きとか、基本的なフィーリングは純正に近いです。
しかしダンパーのいなしというか、なんというか・・・しっとり感とでも言いますか、上質な乗り味になってます。


16インチ用の足回りより、間違いなく乗り心地、フィーリングやシッカリ感は上ですね。
タイヤのよれを若干感じるようになったので、17インチのほうがマッチングが良いように思われますね。



2センチダウンで、こんな感じです。



クスコ製 オーバルシャフト タワーバーです。

RSにはタワーバーは標準装備ですが、VSにはタワーバーは付いていません。


高速走行時には、どうも剛性不足に感じ装着しました。

装着後はステアリングに伝わる振動も減り、フロント周りの剛性感が飛躍的にアップしました。

とににデメリットは感じられないのでVSでも標準装備でよいんじゃないですかね?

なお、タワーバー非装備車種に装着するには(NE575635XA)エアーカウルパネルを交換しないといけません。



back  Home(top page) 

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー